過払い判決後の差押え

過払い金で判決を取って差押えする場合は、通常、銀行口座の差押えをします。

理由としては、そこ位しか財産がある場所が分からないためです。

以前は、貸金業者の営業所にある金庫を差押えしたりしていましたが、貸金業者も経験しているため成功するのは難しいかもしれません。

不動産はどうかというと、大抵、抵当権や根抵当権の担保が付いていて、差押えをしても無駄な状況になっています。また、不動産の差押えは、多額の予納金が必要で金銭的にも困難です。

例えば、中小業者は、過払い金を支払えという判決が出ても支払ってきません。差押えでも何でもしてくれという態度を取ります。そうなると差押えをするのですが、成功率は高くありません。

そういう業者は、銀行口座に入金があるとすぐに出金するため、口座はカラということが少なくないためです。

当事務所は、依頼された中に回収困難な業者があっても出来るだけ回収できるように頑張っていますので、ぜひご相談ください。