カテゴリー別アーカイブ: 業者情報

対応が厳しくなってくるかも

最近、クレディセゾンなどが、取引に分断があると取引履歴を分割して出してくるようになってきました。

取引は分断しているから、昔の取引は時効だよと主張しますよと暗に示しているのでしょうか。

依頼者と相談して、こちらは取引は一連と考えるので、任意で交渉せず、即訴訟提起を行いました。

どのような主張をしてくるのか、興味深いところです。

 

個人的には、今まで穏当だったクレディセゾンが、上記のような取引履歴を出してきたことに驚いています。

その内、エポスカード、セディナなど、返還状況が良い業者もどんどんと悪くなっていくのが嫌ですね。

いずれにしても、過払い金は、悩んでいる暇はなく、1日でも早くやるべきだと思います。

悩まれている方は、お早めにご相談ください。

エム・テー・ケー債権管理回収株式会社

以前、当事務所で任意整理を受けた方から、父が、エム・テー・ケー債権管理回収株式会社という良くわからない会社から請求を受けているので何とかしてほしいとご依頼がありました。

内容を見ると旧ファミマクレジット株式会社の債権を譲り受けたので支払えという書類でした。

依頼者の方の話と書類をみる限り完全に時効です。

調査をしたうえで時効を援用しようと考えています。

 

このような時効になっている債権で請求書を送ったり、裁判を提起したりということは数年前から多くなりました。

旧ワイド(現アペンタクル)が、最初にやり始めたように記憶しています。

見知らぬ会社や弁護士事務所から突然請求書がきた、裁判所から訴状が届いたという方は、ご自分で対処せず、必ず専門家に相談した方が良いです。

きっと不安を解消してくれると思いますよ。

日本振興銀行の配当金の清算

本日、日本振興銀行の第2回の配当金の清算を行いました。

連絡が取れない方については保留しておりますので、心当たりのある方はご連絡ください。

武富士と違って、日本振興銀行の配当金は、合計で58%となりましたので依頼者には良かったです。

武富士の2回目の配当金は、はたして何%になるのでしょうか。

1%位じゃないかと思っていますが…どうなるでしょう。