カテゴリー別アーカイブ: 訴訟

対応が厳しくなってくるかも

最近、クレディセゾンなどが、取引に分断があると取引履歴を分割して出してくるようになってきました。

取引は分断しているから、昔の取引は時効だよと主張しますよと暗に示しているのでしょうか。

依頼者と相談して、こちらは取引は一連と考えるので、任意で交渉せず、即訴訟提起を行いました。

どのような主張をしてくるのか、興味深いところです。

 

個人的には、今まで穏当だったクレディセゾンが、上記のような取引履歴を出してきたことに驚いています。

その内、エポスカード、セディナなど、返還状況が良い業者もどんどんと悪くなっていくのが嫌ですね。

いずれにしても、過払い金は、悩んでいる暇はなく、1日でも早くやるべきだと思います。

悩まれている方は、お早めにご相談ください。

取引の分断

最近、消費者金融、クレジットカード会社から出てくる取引履歴が、取引の途中に完済していると、そこで取引がいったん終了したといわんばかりに、分割して取引履歴を出してくるようになってきました。

今の過払い訴訟で争点となるのは、ほぼ3つくらいに絞られてきています。

1つ目は、上記のように、取引の途中で完済している場合。

業者は、完済ごとに取引が別だと主張して、10年以上前に完済していると時効、10年経っていない分に関しては、取引が複数に分かれるとして、過払い金額を少しでも減らそうと主張してきます。

2つ目は、返済が1日でも遅れた場合、その日以降の利息を遅延損害金の利率で計算するべきという主張です。

この主張が通ると、過払い金額が大幅に減ることになりますし、ケースによっては、借金が残ってしまうという最悪の結果になります。

3つ目は、本人が訴訟外で和解書を交わしているときです。専門家に依頼する前に返済を軽くするなどの理由で和解書や示談書を交わしているケースが結構あります。

業者は、この和解書には過払い金の事も含まれるので、過払い金は消滅したという主張をしてきます。

これが認められると過払い金はゼロになりますので、きちんとした訴訟活動が必要です。

 

過払い金はピークを越えたと言われていますが、各業者は、少しでも過払い金を減らそうと様々なことをやってきます。今後ますます対応が悪くなっていくことも考えられますので、検討中の方は、1日でも早く手続きをしたほうが良いかもしれません。

返還日までの利息付きで和解

今日は、信販*社と訴訟している事件で和解しました。

返還日までの利息を付加して和解です。

ここは、返還日が遅いことで有名な業者ですが、返還日まで利息を付けてくれます。

そのため過払い金が多い人にとっては、返還額が多くなり嬉しい結果になります。

他の業者もここと同じような対応をしてくれたら良いんですがね・・・

 

消費者金融*社とは、交渉を行いましたが和解に至らず。

判決まではいかないと思いますが、依頼者の希望、生活状況を考慮して粛々と対応したいと思います。

個人的には、依頼者毎に柔軟に対応を変更できるのが、個人事務所の強みだと思っています。

大事務所では、画一的に対応するため、こうはいきません。

大事務所に相談して納得がいかない場合は、ぜひ当事務所にご相談ください。

訴訟提起しました

本日は、4社に対して訴訟を提起してきました。

アコム、エポスカード、シンキ、セディナです。

このうち、1社は、時効寸前の過払い金だったため、訴訟提起しないといけない事案でした。

依頼者のご要望に沿って対応したいと思います。

 

裁判所に行くと、業者事件(貸金業者が債務者を訴えた事件)を多く見かけるのですが、まだ生き残っているのかと思う業者に出会います。

今日、同じ法廷だった業者で富士クレジットという会社がありました。

数件の事件がありましたので、この業者の過払い金もまだまだ回収できるのかも知れません。

訴訟提起

本日は、4社に対して訴訟を提起してきました。

アコム、エポスカード、シンキ、セディナです。

このうち、1社は、時効寸前の過払い金だったため、訴訟提起しないといけない事案でした。

依頼者のご要望に沿って対応したいと思います。

 

裁判所に行くと、業者事件(貸金業者が債務者を訴えた事件)を多く見かけるのですが、まだ生き残っているのかと思う業者に出会います。

今日、同じ法廷だった業者で富士クレジットという会社がありました。

数件の事件がありましたので、この業者の過払い金もまだまだ回収できるかもと思いながら傍聴席で見ていました。

裁判所に行くと色々と情報収集できるのが良いです

債務承認契約をした場合の過払い金請求

依頼者の方で、返済が厳しくなり、業者と利息を免除してもらうような契約(債務承認契約)をしているケースがあります。

この場合は、任意交渉での過払い金請求は困難となり、訴訟での解決になることがほとんどです。

今回は、レイク(新生フィナンシャル)でしたが、過払い金の返還金額はこだわらないとの希望でしたので、早期解決をしようと交渉していましたが頓挫しました。

理由は、5年ほど前に債務承認契約をしているからという理由で、レイクとしては、債務が残っているという主張だからです。

こうなると訴訟による解決しかないため、依頼者に説明して、15万円程度の過払い金でしたが訴訟で対応することになりました。

訴訟になると満額を回収されるのに、なんで任意交渉を応じないんでしょうかね。

たんたんと対応していきましょう。

三菱UFJニコスの満額で和解

先日、訴訟対応していた三菱UFJニコスの過払い金ですが、無事に過払い金元金+利息満額で和解できました。

同じ三菱東京UFJ銀行系のアコムは、最近、厳しくなってきたような気がしますが、ニコスはまだ大丈夫そうです。

依頼者は、多く返還することができることになり喜んでおられました。

当事務所は、依頼者のご要望で和解額をどうするか決めることができます。

当事務所には、他の事務所に依頼したが方針に納得がいかなかったため、当事務所に依頼をし直す方が、結構な人数いらっしゃいます。

そのような方のご要望に今後も応えていきたいですね。

 

過払い金返還訴訟した際の期間

過払い金の回収にあたり、訴訟をするか検討している依頼者からの質問で、

「過払い金請求を裁判にすると、入金までにはどれくらい余分に時間がかかりますか?」

という質問があります。

回答としては、和解で終わる場合と判決で終わる場合に分かれます。

和解で終わる場合

相手業者にもよるのですが、1~2か月余分にかかることが多い印象です。

過払い金を満額+過払い利息を返してもらうため、少し遅くなる業者が多いです。

しかし、業者によって、裁判を起こした当月中に返還するという会社もあります。

過払い金の回収方針をどうするかを検討する際に、司法書士に聞いてもらうのが一番かと思います。

 

判決で終わる場合

判決で終わる場合は、相手業者に特に左右されます。

例えば、大手業者で判決までいかないと満額を返還しないアイフルは、次のような行動をします。

  • 裁判に関しては、できるだけ日数がかかるように遅延行為とも取れるような対応をする。
  • 第1審を負けても、ほぼ控訴をしてくる。
  • 控訴審を負けると1週間以内に過払い金を返還する。

アイフルは、控訴審(第2審)の判決までいけば、すぐに過払い金を返してきます。

そのため、出来る限り早く裁判を進めることが肝要です。どんなに早くても7か月位はかかると思っていた方が良いでしょう。

他の業者は、通常、第1審を負ければすぐに支払ってくるところが多いですが、エイワなどは、差押えでもしてくれという態度を取り、任意に支払ってこない場合がほとんどです。

判決を取る場合でも司法書士によく相談していただければ幸いです。