依頼者の方で、返済が厳しくなり、業者と利息を免除してもらうような契約(債務承認契約)をしているケースがあります。

この場合は、任意交渉での過払い金請求は困難となり、訴訟での解決になることがほとんどです。

今回は、レイク(新生フィナンシャル)でしたが、過払い金の返還金額はこだわらないとの希望でしたので、早期解決をしようと交渉していましたが頓挫しました。

理由は、5年ほど前に債務承認契約をしているからという理由で、レイクとしては、債務が残っているという主張だからです。

こうなると訴訟による解決しかないため、依頼者に説明して、15万円程度の過払い金でしたが訴訟で対応することになりました。

訴訟になると満額を回収されるのに、なんで任意交渉を応じないんでしょうかね。

たんたんと対応していきましょう。